본문바로가기

Cloudy

Today's weather Cloudy, 25.0℃

GANGHWA

MENU


歴史的位置

  1. HOME
  2. 江華島に対して
  3. 歴史的位置
Historical Role photo

1995年3月1日京畿道から仁川広域市に編入された江華島は,先史時代から近代に至る韓半島の歴史を、最も大切に保っている所だと言えます。

まず先史時代の遺物、遺跡として河岾面長井里と華道面沙噐里、東幕里等で、旧石器時代の遺物が収拾されたし、新石器時代の遺物も島内の数ヶ所で収拾されました。又青銅器時代の代表的な巨石遺跡である支石墓(ゴインドル)が、河岾面富近里を始めとして随所で多数(約80基以上と推定)発見されていて、此の地域には早くから人間が居住していたことを見せています。

特に、檀君が天にお祈りの儀式を行ったと言う摩尼山塹城壇と、彼の三人の息子に築かせたと言われる鼎足山三郎城(一名鼎足山城)に関する伝説、そして河陰奉氏始祖の天降説話と関連した、奉天台と奉哥池、奉恩寺、石造如来立像(河陰のぐ石像)等の遺跡は、江華島が聖地としての位置を占めていた事を明らかにしているのであります。

一方、江華島が歴史の主舞台として記録された時期は高麗の後期であります。

蒙古軍に対する抗争の為、開城から此処江華島に遷都(江都時代:1232ー1270)した痕跡を見ることの出来る、高麗宮址と城郭等があり、北方遊牧民族の侵犯に対処するに当たって、避難地として此処江華島が有利であり且つ最適であったと見られるのであります。特に世界的な宝物として認定(1998年ユネスコで世界記録文化遺産に指定)された八万大藏經(一名再雕大藏經:1236ー1251年間に亙って完成)の製作が成されたのも、まさに対蒙抗争時の江都時代でありました。

避難地としての江華島の重要性は、朝鮮時代になっても続くようになるが、

1627年(仁祖5)の丁卯胡乱と1636年(仁祖14)の丙子胡乱等二度に亙る満洲族の侵犯に対抗して、江華島に暫時避難をしたのであります。此れは江華島全体が、天然の要塞の如く固められている地形上の特点があるが為であります。此の後江華島は首都(漢城)防衛の前哨基地としての役割に適った軍事施設を(城郭、鎮、堡、墩台、砲台、烽遂等)数多く築造設置して防衛を強化する事になるのであります。

朝鮮末期に入って数次に亙り、江華島が西洋勢力と日本の侵略に手向かった激戦の地になったのも、江華島が首都防衛の前哨基地として、どれだけ重要な役割を担っていたかを如実に物語っていると言えます。

鎖国政策を標榜した興宣大院君の天主教弾圧で惹起された、フランス艦隊の侵略事件である丙寅洋擾(1866年)、アメリカの通商要求が発端となった辛未洋擾(1871年)、開港要求を口実に江華島近海に現れた日本船舶との衝突事件である雲揚号事件(1875年)等が其であります。雲揚号事件に対する賠償として、日本と締結した丙子守護条約(1876年)が結ばれたのも、まさに此処江華島での事でありました。(因って此の守護条約を江華島条約とも言う)此れは、我が国が世界に門戸を開放する事になる歴史的な事件でもあります。