본문바로가기

Cloudy

Today's weather Cloudy, 7.0℃

GANGHWA COUNTY

MENU


無形文化財

  1. HOME
  2. 文化遺跡
  3. 無形文化財

藺草匠

藺草匠 photo

藺草匠

ワンゴルで作る花紋席(ファムンソク 화문석)は、江華島の高麗中期に始まり、家内手工業として発展してきました。

1800年代、朝鮮王室から新しい花紋席の製作を依頼されたことをきっかけに様々な紋様の花紋席がうまれました。

花紋席は現在も装飾用として使われており、夏は涼しく、冬は床からの冷気を遮断するなどの機能性も評価されています。
1枚の花紋席の製作期間は7~8日です。

藺草匠
指定番号 重要無形文化財第103号
指定年月日 1996年10月28日
管理者 藺草匠 イ・サンジェ
住所 101,7 Dongmun-ro 12beon-gil, Ganghwa-eup, Ganghwa-gun