본문바로가기

Cloudy

Today's weather Cloudy, 20.0℃

GANGHWA COUNTY

MENU


博物館

  1. HOME
  2. 観光情報
  3. 江華案内施設
  4. 博物館

江華歴史博物館

強化の歴史博物館

江華歴史博物館

江華歴史博物館は、江華島の文化遺産を保存、研究し展示する目的で建てられた公立博物館です。
2010年の開業以来、常設展示室、企画展示室をはじめ、映像室、講堂、ミュージアムショップなど多様な施設を備えています。
常設展示室には先史時代の遺跡と高麗王陵から出土された遺物や郷校(*朝鮮時代の教育機関)、伝灯寺所蔵品などの文化財が展示されています。

企画展示室では毎年、多彩なテーマの特別展が開かれます。
また、江華島歴史に対する理解を深めるための映像室や教育プログラムを運営しており
複合型文化としての役割をしています。

江華歴史博物館はゴインドル公園の隣に位置し、世界文化遺産に指定されている江華支石墓の観覧もお楽しみいただけます。
特にゴインドル公園の支石墓は、京畿道(キョンギド)を含む中部地方では大変珍しいテーブル型の支石になっていて
蓋石の長さは710cm、幅は550cmもある巨大石で青銅器時代の代表的な遺跡になっています。

江華郡農耕文化館

江華郡農耕文化館

江華郡農耕文化館

江華郡農耕文化館は過去・現在・未来の農耕の姿をリアルに再現しています。特に都会の住民や学生を対象に農村体験を行うことで
農・漁民の実質的な所得増大効果を高めるために建てられたもので、2003年6月12日の開館以降、年々入場客数が増加しています。
入場客を対象に時代を超えた農耕と農地資材に関する情報と知識を提供し、次の世代には農業の公益性と価値を知ってもらうための空間として定着しています。
また、じゃがいも掘り、唐辛子採り、さつまいも掘り、カブ掘りなどの体験学習などのプログラムを行っています。

農耕文化館は、首都圏の消費者に向けた広告と農産物の売り場としての役割も果たしており、増えつつある産地取引の需要に積極的に対応し、
農民と首都圏の消費者の間の継続的な交流を実現する架け橋としても機能しています。

花紋席文化館

花紋席文化館

花紋席(ファムンソク)文化館

全国唯一の莞草工芸品である江華花紋席は、高麗時代から伝えられてきた生活文化の遺産であり、江華島でしか生産されない特産品です。

江華島では、このような民族文化遺産を継承、発展するために花紋席の発祥の地である松海面 陽五里(ソンヘミョン ヤンオリ)に
合計約27億3千万ウォンの事業費用を投資して花紋席文化館を建設しました。

花紋席文化館にお越しになれば、花紋席はもちろん、過去と現在、そして未来のワンゴル工芸品の姿を一目でご覧になれる常設展示館が設けられており、
現地の工芸人たちと花紋席や莞草小物などを直接作ってみる事ができます。