본문바로가기

Cloudy

Today's weather Cloudy, 25.0℃

GANGHWA

MENU


博物館

  1. HOME
  2. 観光情報
  3. 江華案内施設
  4. 博物館

強化の歴史博物館

強化の歴史博物館

強化の歴史博物館

強化の歴史博物館は、強化の文化遺産を保存、研究し展示する目的で建てられた公立博物館です。
2010年開業、常設展示室、企画展示室をはじめ、映像室、講堂、ミュージアムショップなど多様な付帯施設を備えています。
常設展示室には、強化の先史時代の遺跡と高麗王陵から出土された遺物や郷校、伝統寺所蔵品などの文化財が展示されています。

企画展示室では、毎年、多彩なテーマの特別展が開かれます。
そして、強化の歴史の理解を助けるために、映像室や教育プログラムを一緒に運営しており、複合文化空間としての役割をしています。
強化の歴史博物館は、ドルメン公園の隣に位置しており、世界文化遺産に指定されているの強化の支石墓を一緒に観覧することができます。
特に、ドルメン公園の強化支石墓は、試合の地方を含む中部地方では珍しい巨大なテーブル式として、蓋石は長さ710cm、幅550cmにもなるの巨石で、青銅器時代の代表的な遺跡です。

江華郡農耕文化館

江華郡農耕文化館

江華郡農耕文化館

江華郡農耕文化館は、過去・現在・未来の農耕の姿をリアルに具現し、訪問客に差別化された見どころを提供する。特に、都会の住民や学生に農村学習体験を積極的に連結させることで農漁民たちの実質的な所得増大効果を高めるために建てられたもので、2003年6月12日の開館以降、年々、訪問客が増加している。

これまで訪問客を対象に時代を超えた農耕と農地資材に関する情報と知識を提供し、また、成長していく世代に農業の公益的機能など、貴重な価値を教育する空間として定着している。
また、小中高校生の現場体験学習や主婦など、消費の中心となる階層の関心事である農村体験活動、すなわち、じゃがいも掘り、唐辛子採り、さつまいも掘り、かぶ掘り体験など、オールシーズン可能なプログラムを農民たちの自生組織である各品目別研究会などに連結させることで、農耕文化館がその役割の真価を発揮している。

特にここ農耕文化館は、首都圏の消費者を対象に、おいしい江華の農産物に対する立体的な広報など、信頼できる農産物の売り場としての役割を果たす中で、増えつつある直取引需要に積極的に対応し、農民と首都圏の消費者間の継続的な都市・農村交流を実現する架け橋として定着している。

花紋席文化館

花紋席文化館

花紋席文化館

全国唯一の莞草工芸品である江華花紋席は、高麗時代から伝えられてきた生活文化遺産で、江華郡でしか生産されない誇るべき韓国の民族文化遺産でございます。

我が江華郡では、このような民族文化遺産を継承、発展されるために、花紋席の発祥地である松海面陽五里に合計で約27億3千万ウォンの事業費を投資して花紋席文化館を建設しました。

花紋席文化館にお越しになれば、花紋席はもちろん、莞草工芸品の過去と現在、そして未来の多様な莞草工芸品の変遷過程を一目でご覧になれる常設展示館が設けられており、現地の工芸人たちとともに花紋席や莞草小物などを直接作ってみる事ができます。