본문바로가기

Cloudy

Today's weather Cloudy, 20.0℃

GANGHWA COUNTY

MENU


伝灯寺

  1. HOME
  2. 文化遺跡
  3. 江華八景
  4. 伝灯寺

伝灯寺

伝燈寺 photo

伝灯寺(チョンドゥンサ 전등사)

檀君(タングン 단군)の3人の息子が築いたという伝説を持つ「三浪城」の中ににある伝燈寺は
381年に完成し真宗寺と名付けられますが、後に高麗の王妃が玉の灯りをこの寺に献納したことがきっかけで伝灯寺に改名します。

寺の入口にある大造楼の下を通ると正面に宝物第178号に指定されている大雄宝殿があります。
大雄殿の中には、1544年に浄水寺で板刻され伝灯寺に移された法華経木版104枚が保存されています。

冥府殿の向かいの左側にある丘を約100m登ると朝鮮王室の実録を保管していた鼎足山(チョンジョクサン 정족산)寺地が復元されています。
江華島には摩尼山に寺庫を設置しましたが、1660年にこの伝灯寺境内に移り、1678年以来は実録や書籍を保管し、その後鼎足山の寺庫が復元されました。

境内にある宝物第393号梵鐘は中国の鐘で、中国河南省の崇明寺で1097年に鋳造され、従来の韓国の鐘とは異なった形をしています。
1866年の丙寅洋擾の際には僧兵50人が戦闘に参加した「護国仏教」の象徴でもあります。