본문바로가기

Sunshine

Today's weather Sunshine, 0.0℃

GANGHWA

MENU


摩尼山

  1. HOME
  2. 文化遺跡
  3. 江華八景
  4. 摩尼山

摩尼山

摩尼山

摩尼山

摩尼山は海抜472.1mの高さで三つの峰が並び立ち、遠くから見ると其の姿が美しいだけで無く雄壮な名山で、塹星壇は其の中間の峰の頂上に位置しています。登って眺めて見ると南の方には西海の島々が点在し、晴れた日には北の方に開城の松巌山が見えます。摩尼山頂上の塹城壇は高麗史とか新東国与地勝覽に、檀君が天に祭祀を捧げた所だと伝えられているが、慶州の膽星台のように基礎は空を象徴して丸く積み、壇は地を象徴して四角に積んで下円上方形をしています。

三国遺史の記録には、檀君は北韓の妙香山に出現して其の後平壤を都邑とし国号を朝鮮と呼称しました。次いで箕子に国を譲り山神になったと言われるだけで、摩尼山と塹城壇に関して記録は無いが、与地勝覽には檀君が平壤に都邑を定めた後、黄海道の九月山に移り山神になってから此処摩尼山で過ごしたと記録に記されています。