본문바로가기

Rainy

Today's weather Rainy, 25.0℃

GANGHWA COUNTY

MENU


草芝鎮

  1. HOME
  2. 文化遺跡
  3. 江華八景
  4. 草芝鎮

草芝鎮

草芝鎮

草芝鎮(チョジジン 초지진)

草芝鎮は海上からの敵の侵入を防ぐために1656年に構築した要塞です。

1866年10月、カトリック弾圧を口実に侵攻してきたフランス軍の艦隊と1866年4月に通商を求めて侵攻してきたアメリカのアジア艦隊、
1875年8月に開港を求めて侵攻してきた日本軍雲揚号と戦闘を展開していた激戦地でした。最新の武器で武装していた3国に対し、当時の朝鮮軍は古く性能の低い武器で戦っていました。
特に雲揚号の侵攻で、当時の朝鮮は日朝修好条規の締結を強いられ、その後仁川、元山、釜山港を開港することになり、これは日本による植民地支配のきっかけとなりました。

草芝鎮は韓民族の試練の歴史の現場であり、愛国と護国の精神を学ぶための場所として活用するために1973年に城郭を補修、当時の大砲の展示を始めました。
1875年8月21日、日本軍艦雲揚号が草芝鎮砲台と猛烈な砲撃戦を展開した場所が草芝鎮であります。