본문바로가기

Cloudy

Today's weather Cloudy, 22.0℃

GANGHWA

MENU


伝灯寺の梵鐘

  1. HOME
  2. 文化遺跡
  3. 宝物
  4. 伝灯寺の梵鐘

伝灯寺の梵鐘

dolmens photo1

伝灯寺の梵鐘

此の梵鐘は、中国北宋紹聖4年(1097年高麗肅宗2年)に、懐州修武県の百巖山崇明山で鋳造された鉄鐘であります。第2次世界大戦の時、日本人が略奪して富平の兵器廠に移し置いていたものを、解放後篤実な仏教信者が発見して伝灯寺に戻して現在に至っています。

 此の鐘の形態は、上の部分に双龍を並べ、竜頭の周りは16枚の蓮の葉で飾り、本体には上部に8枚の葉の紋様を回し、其の下はいくつかの横帯で上、下に分けた後縱に上、下各八つの四角い仕切りを備えています。

鐘の口は中国の鐘でよく見せている波模様をした八角でできており、全体的な形態は開城にある演福寺の銅鐘ととてもよく似ています。我が国で唯一の中国の鉄鐘が宝物として指定され鉄鐘の研究に貴重な資料となっています。鐘の口の下段には“大宋懷州”と言う27字の銘文があり、鐘の大きさは高さ164cm,口径100cmであります。